Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

エフェクター自作のススメ

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

リペア担当のタツミです。

おかげさまで9/29~10/8の10日間、当店で開催させていただいた-HATA-「Builder’s Collection 2018」が無事終了いたしました。

この場を借りて、畑精密工業様、Alias Sound様、JACKMAN様、Sound Project “SIVA”様、9overdrive9様、Comawhite Custom Cable様に感謝申し上げます。

さて、タイトルの通りですが…

Builder’s Collectionでハンドメイド?オリジナル?個人製作?と思われた方も居ると思います。

そうなんです!エフェクターって作れるんです!

作れるんですよ!エフェクターも!

「でも難しいんでしょ?」「メリットってあるの?」

そう思われる方も居るでしょう…

筐体への穴あけやはんだ付けの作業に道具は必要ですが、難しくなんてないですよ。

ドリルでギュイーンってやって、半田ごてでジュっとするだけ!

絶版のエフェクターだって、あのCentaurだって作れちゃうんです!

「手に入れたいけど売ってない…」「あのエフェクターがもう少しこうだったら…」

なんて希望も自分で作れば叶えられるんです!

そして一番の醍醐味は、何と言っても既存じゃないエフェクターも(作ろうと思えば)作れちゃうところ!

どうです?興味が出てきませんか?

興味が出てしまった方は「エフェクター 自作」で検索をしましょう!

もしかしたら、あなたが組んでるバンドメンバーがあなたの足元を見て「なんやこれ!?めっちゃ良いやん!」なんて言ってくれるかも…?

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー