Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

Fender Bassman 135 (1978)

fender bassman135 1978

「フェンダー ベースマン」——その名の通りベース用として開発されたアンプですが、その野太いレンジ感を好んでギタリストが使用し始めたことでその名を良く知られております。マーシャルJTM45はその回路を参考にして誕生したことは有名なお話ですね。

シルバーフェイスの本機はBassman135。135Wもの出力を誇り、音量を上げてもどこまでもクリーンなサウンドが魅力的。
概要としては1977年まで生産されていた前モデル(Bassman100)の内部回路を引継ぎ、ベースチャンネルの3バンドEQとレコーディング用にLINEアウトを増設するモデルチェンジが図られたもの。生産は1978年から1983年頃までで、本機においてはポットデイト(1977年)とシリアルから初年度1978年製の個体です。

設計自体がベースアンプなのでアンサンブル内においてギターで使用する際はイコライジングを工夫しなければなりませんが独特の包まれるようなトーンはとても味わい深い。低音の減衰がとてもムーディです。

出力 : 135W RMS
接続端子(リア) : Speaker Out(4Ω) x2 & LINE OUT
コントロール : Volume, Treble, Middle, Bass<NORMAL/BASS>, Deep SW, Bright SW & Master Volume
外形寸法 : W660 x D240 x H240 mm

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー