Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

エフェクターとはとは

 

こんにちは、はじめまして。エフェクター類担当のやまちゃんでございます。

Woodvillageブログ二発目ということで、我らがBOSS(Rolandではなく)木村さんから預かりました~。

ということで、

エフェクターについて一つ感じたことを…。

 

9/29~10/8の10日間、私共のWoodvillageでも-HATA-さん主催の「Builder’s Collection 2018」を開催いたします。
個人ビルダーの手によるハイクオリティーなエフェクターを私共がお借りするというカタチで試奏が可能です!

 

ギタリストからすれば音色を変える「道具」ではありますが、その小さい金属製の箱のなかには

ビルダーが理想の1音、それを出すために、研究に費やした多くの時間と、試行錯誤のためのパーツの支出を躊躇わないほどの気合、

そして夢とロマンが詰まっているのです。

 

それはなにも個人ビルダーによるものだけではなく、既成品も同じことだと思います。

ただの「道具」ではありますが、そもそも私達ギタリストがそれを道具として使えるのは

彼らの、目には見えない血の滲むような努力と気合があったからこそです。

 

使えない音だとか、誰が買うねんだとか、「道具」としての感覚が強いから言うてしまう人もいると思います。

自分の方向性とあってないものを批判するまえに、バックグラウンドの想像、リスペクトが必要ではないかと。

 

そんなことを一人思いに耽る、くもりの午後であります。

 

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー