Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

Gibson Les Paul Standard コントロールポット交換

Gibson Les Paul Standard コントロールポット交換

みなさん。
自分自身がコントロールしようとしたモノに
実は、コントロール(支配)されているんですよ!!

って、
ヤマちゃんが言うておりました。^^

さて。^^
エレクトリック
ギター/ベースなど、
電気を用いて使用する楽器。

手元でボリュームやトーンを調節が出来るように、
コントロールが付いております。

各メーカーによって
この配線や配列が違い、
さまざまなサウンドメイキングを可能にしております。

今回ご紹介させていただく
レスポールモデル。

フロント、リアのピックアップを独立して
ボリュームとトーンが調節出来るような配線になっております。

(今さらご説明する必要もないですね^^)

さてさて。
このコントロール。
今の機械のようにデジタルな感じでなく、
アナログな感じ。

水道の蛇口をご想像いただくと良いかも知れません。
開くと水が出る。閉めると止まる。
その水量を調節するようなもの。

(今さらご説明する必要もないですね^^)

当然、
長年の使用にあたり
パッキンが痛み、水漏れを、、、。

※わたくしも、、、。そろそろ、パッキンが弱り。キレが悪い事もございます。

コントロールも同じで、
長年の使用で、金属の摩耗や老化によって
ガリが発生したり、ノイズが乗ったり、音が出なくなったりします。

おおかたの場合、
接点復活剤みたいなもので
症状を和らげる事も出来ますが、
基本的には、一時的に騙したようなもので、、、。

交換が必要となります。

こればっかりは、
消耗品だと思っていただければ良いのかなぁ~?って思います。

うんうん。消耗品。です。

インチ規格、ミリ規格、
抵抗値、
特性カーブ、
操作重い、軽い

それぞれにお選びいただくコントロールポットがございますが、
それは、ウッドヴィレッジにお任せください。

お客様の楽器機材に合わせた
または、ご希望の
コントロールポットに交換させていただきます。

コントロールポット交換
1,500円~
(パーツ代別)

お気軽にお申し付けくださいますようよろしくお願いします。

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー