Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

  • HOME
  • ブログ
  • 【商品紹介】チームビルト。Fender C/S – TBC ’72 Telecaster Thinline NOS

【商品紹介】チームビルト。Fender C/S – TBC ’72 Telecaster Thinline NOS

 

フェンダーカスタムショップ・チームビルド製作の一本。

1968年登場の派生モデルである「Telecaster Thinline」は1972年にモデルチェンジを施され仕様が大きく変わりました。本機はそれを踏襲。
シンラインモデルを決定づけるFホール&ホロウボディは維持しつつ、2ハムバッカー搭載に伴うピックガードの大型化、ハードテイルのストラトキャスターのブリッジ流用、マイクロティルト付き3点止めネックなど68年型とは差別化が計られております。
なお「Starcaster」やのちの「Telecaster Custom/Deluxe」にも同じく搭載されるフェンダーオリジナルの「ワイドレンジハムバッカー」はギブソンPAF生みの親であるセス・ラバーが開発を委ねられたという経緯を持ちます。鋭利なテレキャスターサウンドとは少し異なり、フラットでふくよかな傾向…それはカスタムショップ製作の本機もまた例にもれずといった雰囲気です。

きれいに整えられたサウンド。ワイルドでロックなキャラクターとは正反対のジェントルマンで繊細な響きでジャズやポップスを演奏するにはもってこいの柔軟さを持ち合わせております。
太めの1Pメイプルネックの影響か、シンラインにしては重めの重量か。それとも日本製のようにしっかりとした造り具合が影響しているのか、おおよそ全てのバランスが合わさっての個性なのでしょう。
また、歪みを伴った際も嫌みのないドライブ加減や恐ろしいほどの自然な減衰は楽器としての質の高さを感じます。

市場に出回っているカスタムショップ製は前述の68年型シンラインは多くあれど本機72年型は希少。
NOS(New Old Stock)の仕上げもあり大変珍しい一本でございます。

【ご注文はコチラ↓↓↓】(R1 12/14売却済み)
https://woodvillage78.net/products/detail/1921

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー