Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

まぁ。そんな悪徳業者はいないかな?

ウッドヴィレッジは悪徳業者じゃない!!

2019年。
明けてからと言うもの。
あれよ、あれよと言う間に
1ヶ月が過ぎようとしております。

なかなか、お忙しくさせていただいており
通常の業務が追いつかない状態が続いております。

そんなひとコマより、、、。

みなさん、
ギター修理をお任せ(依頼)する時、
どのような基準で、
また、優先の順位と言うものは
いかがなものでしょうか?

仕上がり?
価格?

お人様、それぞれにあると思います。

ウッドヴィレッジでも
ご依頼いただいたお客様には、
専属のリペアマンより現状態と
これより先の修理内容(妥協案etc)を説明させていただき、
また、お客様のご要望を全面的にお受け付けいたしております。
※時には、折り合いが付きにくい事もございますが、お客様の楽器機材ですから、、、。
正解は、お客様が決めるものです^^

さて。
本題。

「これが原因だからこれも直しましょう?」とか
「これも交換したほうが良いですよ?」とか

全くもって関係ないパーツも交換される事ってないんでしょうか?
※関連づくものなので、全く関係ないとも言い切れない場合もございます。

はたまた。
逆に、”このパーツ交換しておきましたよ”って
交換もしていないのにお金を請求される事ってないんですかね?

だって。。。
プレイヤーの方でも
その辺りに興味のないお客様もおられますし、
「買ってから、ストラトのピックガード自分で外した事ないよ」
って、お客様もおられます。

(そりゃ、そうだ。外す必要のない方は外さないですよね^^)

そう言ったお客様に
ご説明出来るように、
ウッドヴィレッジでは、
故障パーツ。
交換させていただたパーツのパッケージ。
果ては、このように交換いたしましたよ。っと、写真を撮ります。

信じてもらう。とか。良い仕事をしたから。とか。
そう言う意味合いでもなく。

お話のネタくらいになれば、、、。
っと。^^

まぁ。
どこの修理工房も実行されているようですので、
ウッドヴィレッジがどうのこうの。
っと、言う訳でもございませんが、、、。

お客様の大事な楽器機材です。
信頼してお任せいただける
修理工房を目指しております。

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー