Blogブログ

WoodVillageで買い取った楽器の日々の出来事を紹介します。

  • HOME
  • ブログ
  • リッケンバッカーのテールピース [Rickenbacker 330]

リッケンバッカーのテールピース [Rickenbacker 330]

リッケンバッカーのテールピース [Rickenbacker 330]

エレキギターのブリッジやテールピース
または、ナットやヘッドの角度。

などなど。

音質を決定する。
要因。。。

わたくし個人的には、
選ぶ木材種類と同じくらい。
または、それ以上に
影響力があると思います。

今回は、
リッケンバッカーのテールピース。

フェンダータイプのシンクロや裏通しの一体型もあれば
ギブソンタイプのボディに固定するバータイプのテールピースがございます。

リッケンバッカーのテールピースは、
フルアコ構造のギターの流れで来るものか?
トラピーズテールピース(ブランコテールピース)。
となります。

弦の張力を生かす事により
♪シャキッっとなります。

リッケンバッカーのテールピースを見ていたら、
♪ふぅ。っと気づいた事があるんです。

もうかれこれ、
10年以上は、見ているリッケンバッカー。

お恥ずかしながら、、、。

ブリッジの支点からテールピースにかけての
弦長や角度によって、テンション感が変わり
出音に影響します。

ES-335のテールピースも
トラピーズテールピースとバータイプのテールピースとでは
出てくるサウンドも全然違いますし。

テレキャスター(弦裏通し)のジャキジャキサウンドを決定するのは、ブリッジ(テールピース)だと思います。
※裏通しのためブリッジ以降の弦の角度がキツイ=テンション感がキツイ。

お話戻しまして、、、。

基本的に、
トラピーズテールピース(ブランコテールピース)は、
ブリッジ以降テールピースまでの弦長が長く、また角度も緩やかになります。
に。よって、緩やかなテンション感の中にある弦の振幅、中低音域の甘さなど独自のサウンドを奏でます。

踏まえ。
もう一度、テールピースを横から見てみると

リッケンバッカーのテールピース [Rickenbacker 330]横顔

デザイン優先のものかと思いきや、
ボディにヘコミを入れ、
その上にテールピースが乗っております。

わかりにくいですか?

ボディのツライチではなく、
一段下がっているんです。

それにより、
ブリッジ以降テールピースまでの角度がキツくなっちゃう。
サウンドもよりメリハリの利いた傾向にあるか?

逆に言えば、
ボディに一段ヘコミを入れないと
テールピースの取り付け位置が一段上がっちゃうんです。

おそらく、
この場合は、
テンションが緩すぎて、、、。
弾けたもんじゃないと。
思います。

よって、
デザインを含め、
テールピース取り付け位置を一段下げる事により
テンション感を稼いでいるものだと思います。
(アーチトップ構造だと、ブリッジ位置が高く、テールピースが低い。テンション感が稼げる)

10年間、
リッケンバッカーを見ていて
気付かなかった。

これは、
それに気付かせない
デザインの良さにあるものか?

ただ。
ぼーっと
見ていた
わたくしに落ち度があるのか?

わかりませんが、

リッケンバッカーは、良いギターです
大好きです^^

関連記事

インスタグラム
フェイスブック
ツイッター
ユーチューブ


カテゴリー

ライン査定

ギブソン高価買取

ウッドヴィレッジ バナー

営業日カレンダー